入れ歯Denture

  • TOP/
  • 入れ歯

失った歯の機能回復をします〜入れ歯治療〜 denture

失った歯を補います~入れ歯治療~

歯を失ったときの治療法として、古くから親しまれているのが入れ歯治療です。失った歯の本数に合わせて、部分入れ歯または総入れ歯をつくります。当院には、昭和大学高齢者歯科学講座に在籍する、入れ歯専門のドクターも勤務しておりますので、入れ歯でお困りの方はお気軽にご相談ください。

入れ歯専門ドクターによる入れ歯の製作の流れ

入れ歯作りでは、患者様ごとにお口の中を正確に診断し、専用の型取り器具を用い、オーダーメイド治療を行います。

Step1問診
これまでの経緯、現在使用している入れ歯に関するお悩みやご要望についてお聞きします。お口の中の診察を行い、必要があればレントゲン撮影を行うこともあります。患者様それぞれのお口に合う入れ歯の設計を検討します。
Step2予備の型取り・診査・診断
お口の中の予備の型取りをします。
模型を作成し、口腔内の診査・診断・治療計画の立案をします。必要に応じて、入れ歯製作の前に口腔内の処置(虫歯・歯周病・抜歯等)を行います。
さらに精密な型取りをするために、患者様専用のオーダーメイドの型取り用トレーを作ります。
Step3精密な型取り
患者様専用のオーダーメイドのトレーを使い、お口の中の精密な型取りをします。
型取りの際に、舌や頬、唇の動きを記録します。
Step4噛み合わせの記録
噛み合わせの高さと位置を決定します。
特殊な症例の場合は、顎の前後左右の動きも記録に採ります。
見た目を考慮した歯の色、形、大きさを選択します。
Step5試適
歯を仮に並べた状態で一度お口の中に入れてみます。この際に、噛み合わせの位置、見た目、喋りやすさ等を患者様と一緒に確認します。
Step6入れ歯完成
完成した入れ歯をお口の中に入れ、調整を行います。
精密な型取りを行い作製した入れ歯でも、必ず調整は必要になります。実際に使用していただき、何度か調整を行うことで、お口に合う入れ歯が完成します。

当院で取り扱う入れ歯の種類

レジン床義歯
レジン床義歯 歯科用プラスチックで作られた保険適用の入れ歯です。保険適用のため治療費が安く、多くの症例に適応します。デメリットは、強度を確保するために厚みを持たせることで使用時に違和感が出やすいことです。
ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー 金属のバネ(クラスプ)をなくした、弾性のある特殊な樹脂で作る自費診療の部分入れ歯です。素材のプラスチックは透明感があるため、歯ぐきの色に馴染み、審美性に優れます。
金属床義歯
金属床義歯 土台(床)部分が金属で作られた自費診療の入れ歯です。床部分が薄いため、装着時の違和感が少なく、軽くて丈夫です。金属製のため、食べ物の温度感覚が伝わりやすく、食事を美味しく感じられます。
マグネットデンチャー
マグネットデンチャー 自費診療の入れ歯です。残った歯(歯根)に磁性金属を付け、入れ歯には磁石を埋め込むことにより、磁力で入れ歯を固定します。磁力で固定されるので安定感に優れ、装着時の違和感が少ないです。