インプラントImplant

  • TOP/
  • インプラント

失った歯の機能を回復します~インプラント治療~ implant

失った歯の機能を回復します~インプラント治療~

インプラント治療は失った歯の機能回復のために人工歯根を顎の骨に埋め込む治療です。
従来の治療法には、入れ歯やブリッジなどがありますが、これらは他の歯へ負担をかけてしまいます。
一方でインプラントは、隣の歯を触らずに、歯を失った部分にチタン製の人工歯根が顎の骨としっかり結合します。
その上に人工歯を被せる事で、歯の機能と見た目を回復する事が可能です。
これにより、他の天然歯にかかる負担を軽減し、結果として生涯にわたり安定して咬む力を維持できます。

歯を失ったままにしておくと・・・

  • 歯が移動してしまう
  • 咬み合わせが悪くなる
  • 見た目が悪くなる
  • 発音に支障をきたす

一本くらいと思いがちですが、放置することにより口腔内だけではなく、身体全体に悪影響を及ぼす可能性もあります。

他の治療法との比較

入れ歯

入れ歯

メリット デメリット
  • 保険適応
  • 手術を必要としない
  • 治療期間が短い
  • 取り外しが可能
  • 他の歯へ負担がかかりやすい
  • 違和感、異物感がある
  • 天然歯の20-30%ほどの力でしか咬めない
  • バネをかけて固定するため、審美的に劣る
  • 顎の骨が痩せやすい
  • 定期的に調整、作り変えが必要
ブリッジ

ブリッジ

メリット デメリット
  • 保険適応
  • 顎の骨が痩せていても可能
  • 材質によっては天然歯に近い見た目を再現できる
  • 両隣の歯を削る必要があるため、負担が大きく歯の寿命を縮める
  • 失った本数が多いと治療できない
  • 構造が複雑なためお手入れが難しい
インプラント

インプラント

メリット デメリット
  • 自分の歯と同じように咬める
  • 健康な歯を削ったり、負担をかけることがない
  • 見た目が自然
  • 顎の骨が痩せにくい
  • 保険が効かないため、治療費が高い
  • 外科手術が必要
  • 治療期間が長い
  • 全身疾患などの理由で適応されないケースもある

川角歯科医院のインプラント

米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍

米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍

当院には、米国ロマリンダ大学インプラント科に2年間の留学経験を持つ、アメリカインプラント学会認定医が在籍します。
ロマリンダ大学は、現在のインプラント界を牽引する数々の有名なドクターを輩出した大学です。
日本でも数少ない、アメリカにおいて研究だけでなく臨床も行った先生です。
他院では骨がなくて断られた、他院でインプラントを埋入したがうまくいかなかったなど、様々な難症例にも対応可能です。

現地での様子
  • 米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
  • 米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
  • 米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
  • 米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
  • 米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
  • 米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
  • 米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
  • 米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
  • 米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍
  • 米国ロマリンダ大学に留学経験を持つアメリカインプラント学会認定医在籍

2年間の留学生活で、科学的根拠に基づいた知識だけではなく、実際に患者さんの治療を行う事により、技術と経験も得る事ができました。
特に前歯部インプラントで世界的にも有名なDr.Kanの指導を受けた事は、自分の歯科医師人生にとって大きな財産となりました。
この知識、経験そして技術をもとに、地域の皆様にしっかり貢献できるよう頑張ります。

CT・オペ室完備

当院は歯科用CTを導入しております。従来のレントゲンではわからなかった、顎の骨の質や厚み、高さを正確に判断する事が可能です。
CT画像をもとに口腔内の現状を性格に把握し治療計画を立てることで、より精度の高い安全なインプラント治療を行います。
また手術を行うのは完全個室の特別診療室です。

  • CT・オペ室完備
  • CT・オペ室完備
ストローマンインプラントの使用

ストローマンインプラントの使用

当院では、世界シェアNo.1を誇るスイスのストローマン社製のインプラントを使用しています。
ストローマンインプラントは、インプラントと骨が接触する面に独自の技術が処理されているため、骨との結合が非常に良く、骨密度が低い方でも安心してインプラント治療を受けていただくことが可能です。
これらは40年以上にわたる研究、臨床実績によるものです。

インプラント治療の流れ

Step 1診査・診断・治療計画

診査・診断・治療計画

レントゲンや歯科用CTの撮影、歯型をとり精密検査を行います。
これらをもとに、咬み合わせ、顎の骨の量や質、神経・血管の走行などを正確に把握し、安心・安全な治療計画を立案します。
インプラント手術で大事なのは、いかにこの診査・診断に充分な時間をかけるかだと思います。

Step 2術前クリーニング

術前クリーニング

外科手術をするにあたり、少しでも感染のリスクを減らすため、手術前に一度お口の中のクリーニングを行います。

Step 3インプラント手術

インプラント手術

インプラントを埋入する部位の歯茎を開き、インプラントを埋入します。
基本的には局所麻酔で行いますが、手術に対する不安が強い場合には、静脈内鎮静法で対応します。

Step 4治癒期間

治癒期間

インプラントが顎の骨に十分に結合するまで待ちます。状態によって違いますが、3〜4ヶ月かかると言われています。
骨造成など追加処置が必要になった場合はもう少し長く待つこともあります。

Step 5アバットメント(土台)・仮歯の装着

アバットメント(土台)・仮歯の装着

インプラントと骨が結合したら、精密な型取りをし、インプラントと被せ物を繋げる連結部分である、アバットメントを作成し仮歯を装着します。仮歯の装着により、見た目や咬み合わせの調整を行います。

Step 6人工歯の装着

人工歯の装着

アバットメントや仮歯に問題がなければ最終的な人工歯を装着します。
人工歯はより衛生面的・見た目も優れ、予後の良いセラミックで作成していきます。

Step 7メインテナンスへ移行

メンテナンスへ移行

インプラント治療では、治療後のケアが非常に大切です。
インプラントを支える歯肉や顎の骨などに歯垢や歯石が付着して炎症を起こすと、インプラントを十分に固定できなくなる可能性があるからです。
また、噛み合わせは日々変化していくため、それにより人工歯やインプラントにトラブルが起こる可能性もあります。
インプラントやインプラントの周囲に起こるトラブルを防ぎ、インプラントを長く快適に使い続けるためには、定期的に歯科医院にてメインテナンスをお受けください。
メインテナンスでは、お口の状態の確認、噛み合わせの確認、歯のクリーニング、歯磨き指導などを行います。

インプラント無料相談受付中